日記

あかりはピリ辛たらこ。

何のことかピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、
三島食品のふりかけのことですね。

ゆかり、あかり、かおりって名前の三姉妹もよかったな~。


今日はうちのピリ辛たらこ・・・じゃなかった、
あかりの名前の由来の話です。

あかり

だれでしゅか、このちびっこは

ほたる

あーたんのちっちゃい頃なのよ~

多頭飼いに憧れていた我が家は、

「もしかしてだよ?万が一二匹目をお迎えするとしたらさ~」

なんて、ほたるをお迎えする前から、
「二匹目をお迎えするとしたら大きいカート買っておいたほうがいいよね」と、
仮定の話で大きめのカートを買ったり、
もう一匹お迎えするとしたらどんな名前がいいか夫婦で妄想したりしていました。

あかり

まさに捕らぬ狸の皮算用でしゅね

まぁ、ママの妄想タイムにパパが付き合ってくれていた、と言えなくもないんだけど。

当時想定していたのは、やはり海の生き物繋がり。
かつ、条件として、

①ほたると同じくひらがな3文字の名前にしたい
②発音した時の響きがほたると被らないようにしたい

この2つはパパとママ相談の中で、
「双子の姉妹みたいでなんかイイ」から3文字で揃えたい、
「犬が子音を聞き分けられないらしい」という話から、似たような響きの名前はやめておこう、
となりました。

ほたるのときと同じように、いろんな海の生き物の名前を検討して、
この時候補にあがっていたのは、「あおり」とか「いさき」とか。

あかり

もしアオリだったとしても、あーたんはあーたんでしゅ!

まだこの頃は実際に飼うため、というよりは、
ほたるに妹ができるとしたらどんな名前がいいか?という考え方だったので、
この段階はアイデアだし、みたいな感じでした。

ほたるをお迎えしたブリーダーさんに
ほたるの妹のお迎えしたいことを相談したのがほたるが一歳になる数か月前。

それから4か月くらい。
ついにブリーダーさんから待望の女の子が産まれたご連絡が…✨

ほたる

パパもママもあーたんが産まれるずっと前からあーたんを待ってたのよ

そう、待ってました!名前を考える時間は充分にありました。
…あったんだけど。

逆に考える時間がありすぎて、なかなか決まりませんでした。
それから迷いがうまれていました。

「海の生き物」に絞らなければ、もっと「これだ!!!」って思う名前があるんじゃないか…。

あかり

これは大どんでん返しでしゅね!

あかりが産まれた頃の名前の候補は「なぎさ」。
海の生き物ではないものの、海っぽい名前という感じで考えていました。

あかり

”名は体をす”というくらいでしゅから、あーたんが「なぎさ」でしゅたら、
きっと穏やかな性格の子になったと思うんでしゅよね~

アイコン名を入力

名前のせいにしちゃダメなの、あーたんはあーたんなの

なぎさ(仮)で行こう!
と、決まりかけていた矢先にパパから衝撃のひとことが。

「ずっと考えてたんだけどさ。
 海にとらわれず、改めて考えたらもっといい名前あるんじゃないかな」

なんですとーーーーー!そう来たか!!

ほたる

大どんでん返し返しなの~💦

…まぁ、そうよね。もう一度、最初に戻って考えるべきよね。

そして候補になっていたのが、「かえで」と「あかり」です。
パパは「あかり」押しのようでした。

「ほたるとあかり」

…うん、なんかしっくり来たぞ。
あかりを迎えにいく10日くらい前にようやく、「あかり」に決定!

「でも、由来みたいな理由、ないんだよね」
パパが気にしているようだったので、

灯台の「あかり」
我が家のもう一つの趣味「アウトドア」ランタンの「あかり」

と、こじつけてあげました。

…が。
パパに「そういうことじゃないと思うなー」と言われました。残念。

そして改めて調べてみたところ、
どうやらアマゾン河には「アカリ」というナマズがいるそうです。

ほたる

改めて調べちゃうとか、
ママはパパのいってること、ちっともわかってないの~

あかり

ママはおバカさんでしゅからね~

そうこうしている間に

ほたるとあかりの初対面~!
この段階であかりもお名前が決まっていたのであかりの血統書のお名前も、
「TWINKL AKARI OF SNOW FAIRY」と「あかり」が入っています♪

初対面からなかなかいい感じのふたり💕
もちろん、おうちに来てからも仲良し♪

ブリーダーさんから、産まれてからお迎えの日までたくさんの写真と動画を送っていただきました。
そのおかげでこの子にぴったりの名前を考えられたと思っています✨

これといった由来はないけどね。

そうそう、あかりをお迎えしたころ、近所の犬ともさんからこんなことを言われました。

「わたし、ほたるちゃんの妹の名前、”ひかり”ちゃんがいいと思ってたのよ~!」
「”ひかり”ですか!近かったですねぇ」
「惜しかったのよ~!ほら、ほたるちゃんとひかりちゃんだと、”ホタルノヒカリ”になるじゃない?」

干物女、ならぬ、干物姉妹!

あかり

あーたん、こんな可愛いのに干物だなんて失礼でしゅね。
ちびあーたんも思わずタコかんじゃったでしゅよ。

でも、いい得手妙よ?
ほたるいかだって素干しになるし、ふりかけだって乾いてるもんね。どっちも「乾物」。
ぷぷぷ。乾物姉妹…!

乾物姉

あーたん、人生はあきらめが必要なの…

乾物妹

肝に銘じたでしゅ💧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。